マンション売却はかな
マンション売却はかな
ホーム > ネスカフェドルチェグスト > タトゥー(刺青)入れる時の痛みについて

タトゥー(刺青)入れる時の痛みについて

ファッションとしてタトゥー(刺青)を入れる方が多くなっており、日本では銭湯や温泉等でタトゥーお断りになっている所が殆どであり、国内ではまだまだ社会的にタトゥーへの理解は深く無いです。

海外ではミュージシャンやアスリート等がタトゥーを入れている方も多く、それに憧れて入れたいという方が居ますが、実際に入れる場合にどれだけ痛いのか気になる方も多いです。

実際に施術担当の彫り師の意見を纏めれば、入れる時に全く痛みを感じない人は少ないものの、痛さに対する耐性は個人差が非常に強くて過剰に痛がる人も居れば、それほど過剰に反応しない人も居ます。

 

タトゥー入れの施術時の痛さは、様々な例えられ方があり、針金ブラシでこすられる感覚、シャーペンの先端を強く肌に当てて引く感じというような事が言われており、痛さへの耐性が弱い方には刺激が強い表現とも言えるものです。

 

いずれにしても入れる部位によって感じ方も変わり、腕や肩周辺、ふくらはぎ辺りは痛さが小さい傾向にあり、脇下や太もも内側、皮膚が薄い部位は強い刺激を感じやすくなり、手足の甲のように毛細血管の集中部位等も刺激が強くなります。

生殖器周辺等は最も痛いと言われる部位でもあり、こういったデリケートな箇所に入れるのは覚悟が必要です。

 

施術では体に傷を付ける事になりますから、傷の回復を促す為には体の中の栄養素を大量に使う事になり、痛い感覚を和らげる為には施術前から準備が必要であり、栄養摂取や睡眠を十分にとって体調を整える事が有効と言えます。

肌の回復の為に力を注げるように、施術前後は暴飲暴食を避けて、余分な力を体が使わないようにしておく事が望ましく、少しでもダメージを少なくする準備をもって挑む事が必要です。

 

タトゥーは入れる際も痛いと言われますが、それ以上に消す方法が痛いという方が多いですから、入れる場合には普段の生活の影響や社会との関係、将来の事も考えて施術の決断を行う事が必要になります。

 

ネスカフェドルチェグストおすすめ